トイレリフォームをする前に!洋式トイレの種類について知ろう | 京都を中心に・住まいの水まわりリフォーム専門に施工|シバタ管工株式会社

コラム

トイレリフォームをする前に!洋式トイレの種類について知ろう

トイレリフォームの際には、洋式トイレへの交換や設置を検討する方も多いでしょう。

洋式トイレはTOTOやLIXILなど様々なメーカーにより販売されており、付いている機能や特徴などが異なります。自分やご家庭の希望に合ったトイレにリフォームするためにも、洋式トイレの種類やそれぞれの特徴について知っておくことが大切です。

リフォームする前に考えたい洋式トイレの種類について

リフォームする前に考えたい洋式トイレの種類について

洋式トイレには様々な種類があり、それぞれに特徴やメリットがあります。こちらでは、洋式トイレの主な種類をご紹介します。

タンク付きタイプ

タンク付きタイプのトイレは一般家庭によく使われているもので、便器・便座・貯水タンクを組み合わせたトイレのことです。停電した時や、水道が使えなくなった時でもタンクに水が溜まっていれば使用することができます。また、万が一便器・便座・タンクのいずれかが破損や故障をした場合でも、その部品だけ修理や交換することができるというメリットがあります。手洗い場を設置する必要がなく、限られたスペースでも設置可能です。

タンクレスタイプ

タンクレスタイプのトイレは、水圧によって水を流します。水を溜めておくタンクがないため、その分トイレの空間スペースが広くなります。また、水道とつながっているため、タンク式と違って連続して水を流すことができます。設置する環境によっては、水圧が低くて使用することができないというケースもあるため、事前に確認が必要です。

シャワートイレ一体型

こちらは、タンク・便器・便座が一つにまとまっているタイプのトイレです。一つにまとまっているので見た目もすっきりしていますし、つなぎ目がなく掃除しやすいのが特徴です。ただし、タンク・便器・便座のいずれかに破損や故障があった場合、本体ごと修理・交換をしなければなりません。

収納一体型

こちらは、タンクやタンク周りを収納したキャビネットと便器・便座が一体となったタイプのトイレです。タンク周りがキャビネットに収納されることで、見た目もすっきりしますし、キャビネットの中に掃除用具やトイレットペーパーなどを保管しておくことで、トイレ内のスペースを確保することができます。

洋式トイレの種類について紹介しました。このように洋式トイレには様々な種類があります。これからトイレリフォームを検討している方で洋式トイレへの交換や設置を検討されている方は、それぞれの特徴をしっかりと把握して希望に合ったものを見つけましょう。

山科でトイレリフォームをお考えの方は、シバタ管工株式会社をご利用ください。京都府京都市山科区を中心に、京都市内と滋賀県大津市に対応しているシバタ管工株式会社では、住まいの水まわりリフォームを専門に施工しています。人との付き合いを大切に、より良い人間関係が築けるよう丁寧な接客を心がけていますので、山科でトイレリフォームをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。費用に関するご相談もお待ちしています。

山科でトイレリフォームをお考えならシバタ管工株式会社へ

会社名 シバタ管工株式会社
代表 柴田博史
住所 〒607-8075 京都府京都市山科区音羽野田町20 トップビル2階
TEL 075-581-0035
FAX 075-581-0053
受付時間 9:00~18:00
休日 日曜・祝日
URL http://s-kan.net/
pagetop