外壁の劣化サインを知ろう~外壁塗装ならシバタ管工株式会社へ~ | 京都を中心に・住まいの水まわりリフォーム専門に施工|シバタ管工株式会社

コラム

外壁の劣化サインを知ろう~外壁塗装ならシバタ管工株式会社へ~

紫外線や雨風から建物を守る役割を果たしている外壁の機能を損なわないためには、劣化のサインを見逃さず、適したタイミングで外壁塗装を実施することが大切です。こちらでは、こんな状態になったら外壁塗装を実施すべきというサインや、外壁が劣化する理由について紹介します。

外壁塗装実施が必要なサイン

外壁塗装実施が必要なサイン

外壁の劣化サインは色々ありますが、外壁が色あせてくるのも劣化サインの一つです。色あせは徐々に進んでいくため、毎日見ていてもその変化に気付くのはなかなか難しいでしょう。

新しい状態の外壁の画像と比較するなどして、定期的に色あせ具合をチェックすることをおすすめします。色あせを放置するとさらに劣化が進み、外壁の表面に白い粉が付着するようになります。この現象はチョーキング現象と言われており、外壁を保護する塗膜の防水機能が低下しているサインです。

また、塗装が剝がれてしまっていたり、ひび割れが生じてしまっていたり、苔やカビが付着していたり、サイディングの割れがある場合も早めの外壁塗装を検討しなければなりません。

外壁を劣化させる原因とは?

外壁を劣化させる原因とは?

外壁を劣化させる主な原因は、紫外線や雨風による外的要因です。建物は雨風や紫外線に当たるとダメージを受けてしまいますが、塗装をすることでこういったダメージから建物を守る役割を果たします。

しかし、塗膜自体も外的要因によるダメージを受け続けることにより徐々に劣化していってしまい、建物を保護する役割を十分に果たすことができなくなってしまうのです。塗膜が劣化してしまうと建物が直接ダメージを受けてしまい、雨水の浸入によって建物の寿命を縮めてしまうことになってしまいます。また、外壁そのものが経年劣化でひび割れを起こすこともあります。外壁の寿命は素材などにもよって異なりますが、約10年が目安だと言われています。

そのため、外壁塗装を10年近く、またはそれ以上実施していないという場合は経年劣化によるひび割れがないかチェックするべきです。さらに、塗装の下地も長い年月が経ってくると水分が減っていき、乾燥によって縮んでいってしまいます。そのことが原因でひび割れを起こすケースもあります。

外壁塗装が必要なサインや、外壁を劣化させる原因について紹介しました。外壁の劣化サインを見逃してそのまま放置しておくと、保護機能が低下して建物自体の寿命を縮めてしまいます。劣化のサインを知っておき、定期的に外壁をチェックすることをおすすめします。

山科で外壁塗装を依頼しようとお考えの方は、シバタ管工株式会社にお任せください。京都府京都市山科区を中心に、京都市内と滋賀県大津市に地域密着で対応するシバタ管工株式会社は、技術力に自信があります。人との付き合いを大事にしており、相場よりもお安い費用で施工いたしますので、山科で外壁塗装の業者をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

山科にあるシバタ管工株式会社では外壁塗装を行います

会社名 シバタ管工株式会社
代表 柴田博史
住所 〒607-8075 京都府京都市山科区音羽野田町20 トップビル2階
TEL 075-581-0035
FAX 075-581-0053
受付時間 9:00~18:00
休日 日曜・祝日
URL http://s-kan.net/
pagetop