外壁塗装での塗料選びの基準 | 京都を中心に・住まいの水まわりリフォーム専門に施工|シバタ管工株式会社

コラム

外壁塗装での塗料選びの基準

外壁塗装を依頼する際には使用する塗料を選ぶ必要がありますが、どういった塗料を選べばよいのかわからないという人も少なくないでしょう。こちらでは、外壁塗装の塗料はどのような基準で選べばよいのかについて紹介します。

また、外壁塗装を行う際の足場についてもご説明するので、ぜひご参考ください。山科で外壁塗装を依頼しようとお考えなら、シバタ管工株式会社へお問い合わせください。足場工事から塗装にいたるまで迅速・丁寧に対応いたします。

塗料によって異なる耐用年数

塗料によって異なる耐用年数

外壁塗装は、塗料選びの基準の一つになるのが、耐用年数です。外壁塗装で使用される塗料には様々な種類がありますが、種類によって耐用年数が異なります。

同じ種類の塗料であってもメーカーによって耐用年数は異なってくるため一概には言えませんが、アクリル系塗料の場合は約3年~5年、ウレタン系塗料の場合は約5年~7年、シリコン系塗料の場合は約7年~10年が耐用年数の目安です。

また、最近ではフッ素系塗料、無機系塗料、ピュアアクリル系塗料、光触媒系塗料など約15年以上の耐用年数を持つ塗料もあります。同じ塗料を使用しても塗装する建物がある場所の気候や立地条件などによって耐用年数は異なるため、まずはご相談ください。

どういった機能を付加したいのか

どういった機能を付加したいのか

外壁塗装の塗料選びは耐用年数だけではなく、機能性で考えることも大切です。例えば、遮熱性の高い塗料であれば、太陽光によって建物の温度が上昇するのを抑えてくれます。建物の寿命が縮まるのを予防してくれるだけでなく、室内の温度上昇も抑えることができます。

また、防水性の高い塗料であれば、雨水の浸透を防ぐことが可能です。弾性塗料であれば、外壁が外的要因や劣化などでひび割れを起こした場合でも、塗膜が伸びてひび割れた部分を覆うため、雨水が浸入するのを防ぐことができます。遮熱性や防水性の他にも塗料の性能には、サビが発生するのを抑える防サビ性やカビや藻などの発生を抑える防カビ性、汚れが付きにくくなる防汚性などがあります。

防汚性の高い塗料の中には、外壁に雨水が当たって落ちる際に汚れも一緒に落としてくれる塗料も存在します。塗料によっては、こうした性能を複数持っているものもあります。その塗料がどのような性能を持っているのかに注目することで、最適な塗料を選ぶことができるでしょう。

外壁塗装における足場の役割と費用

外壁塗装中の建物は、外側に足場が組まれていることが多くあります。この足場は作業効率を上げるためや、作業員の安全を確保するためといった役割があります。足場は塗装中のみ必要になるものですが、基本的には必ず設置しなければなりません。そのため、戸建て住宅で外壁塗装工事を行う場合、その工事費用には足場代が含まれています。

足場代の相場は、1㎡メートルあたり700~1,000円と言われています。一般的な戸建て住宅で20万円前後は足場代としてかかってしまうということを覚えておきましょう。

足場は安全に工事を行うために重要なものなので、足場を設置しない、足場の設置費用が他よりもかなり安い業者は、信頼できない可能性があります。トラブルやミスにつながらないよう、足場の設置からしっかりと対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。

外壁塗装の塗料を選ぶ際には、こういった基準で選んでいくことで後悔しない塗料選びができます。山科で外壁塗装を依頼しようとお考えの方は、シバタ管工株式会社にお任せください。京都市山科区を中心に、京都市内・滋賀県大津市で外壁塗装を行っています。外壁塗装に伴う足場工事も迅速に行い、施工にご満足いただけるよう尽力いたします。他にも内装・フローリング・水まわりなどのリフォームも得意としていますので、山科でリフォーム業者をお探しの方はお気軽にお問い合わせください。

山科にあるシバタ管工株式会社では外壁塗装を行います

会社名 シバタ管工株式会社
代表 柴田博史
住所 〒607-8075 京都府京都市山科区音羽野田町20 トップビル2階
TEL 075-581-0035
FAX 075-581-0053
受付時間 9:00~18:00
休日 日曜・祝日
URL http://s-kan.net/
pagetop